フィレンツェ

フィレンツェの大聖堂を訪れる | フィレンツェでやることベスト10

フィレンツェの大聖堂

フィレンツェの街の中心部にある、大聖堂(通称ドゥオーモ)の正式名称は、Cattedrale di Santa Maria del Fiore サンタマリア・デル・フィオーレ大聖堂、花の聖母マリアの大聖堂という意味です。聖ロレンツォ教会に次いで、フィレンツェでは2番目に古い教会です。

基本情報
公開日 月曜日〜土曜日 日曜日の一部
公開時間 月曜日〜土曜日 通常10時〜16時30分 日曜日13時30分〜16時30分 但し、宗教行事により閉館時間は変動します。
非公開日 12月25日、1月1日、イースター、その他宗教行事によって閉館されます(特に日曜日)
入場料 無料
写真撮影 可(2016年11月時点)
タンクトップ、ショートパンツでの入場不可 飲み物、食べ物の持ち込み不可、携帯電話使用禁止
正しい開館時間、開館日は以下のサイトの右側にある、Change day で確認して下さい。
https://www.museumflorence.com/monuments/1-cathedral

建立
1296年 前身のサンタレパラータ教会を大聖堂として拡張する工事開始。
1436年 ブルネッレスキのクーポラ完成
1887年 正面のファサード完成

スタイル

イタリアンゴシック建築、および初期ルネサンス建築



【フィレンツェのドゥオーモの外観】

1296年にそれまであった、小さなサンタ・レパラータ聖堂を拡大し、街の大聖堂とする拡張工事が建築家アルノルフォ・デル・カンビオに依頼される。2段階の拡張工事を経て、クーポラを除いて現在の大きさになったのは、1421年頃。
クーポラ(天蓋)のデザインを選ぶコンクールが、1418年に行われ、建築家フィリッポ・ブルネッレスキが選出される。1436年にクーポラ完成

見所
 フィリッポ・ブルネッレスキ設計のクーポラ(構造の模型等はドゥオーモ後方にある、ドゥオーモ博物館で見る事が出来る)
 左側側壁にある、「アーモンド型装飾の聖母の扉」(1414-1421)。


【フィレンツェのドゥオーモの内部】

内部は、祭壇がある地上階と、地下(入り口近く右側の階段から降りる事が出来る)の2重構造になっている。
地上部は、身廊を中心にして、正面に主祭壇、左右に翼廊、奥には後陣が、ラテン十字を形作っている。地下部では、前身であったサンタレパラータ聖堂(その起源はローマ時代のドムス=住居に由来する)の遺跡を見る事が出来る。

見所
左側廊より時計回り
 アンドレア・デル・カスターニョ「傭兵隊長ニッコロ・ダ・トレンティーノ」(1456)
 パオロ・ウッチェッロ「傭兵隊長ジョン・ホークウッド」(1436)
20年の差はあるもののほぼ同じ題材で制作され、並べて掲げられた珍しい作品です。馬の前足と後ろ足がどちらも同じ側、上がっているのは、馬の動作としてはあり得ないのですが、当時、遠近法を模索していた画家達の様子が想像出来ます。

 ドメニコ・ディ・ミケリーノ「『神曲』を掲げるダンテ」(1465)
後世付け足されるファサードはないのですが、既にクーポラが完成していたドゥオーモの当時の姿が描かれています。

左側翼廊
 ルカ・デッラ・ロッビア「キリスト復活」(1445)

主祭壇の天井
 ジョルジョ・ヴァザーリ「最後の審判」(1579)
中央の裁きのキリストを中心にして、天国と地獄に送られる人々の姿を描いています。入場は予約制ですが、別の入り口から入るクーポラに登る途中で、このフレスコ画を間近に見る事が出来ます。

右側翼廊
 ルカ・デッラ・ロッビア「キリスト昇天」(1451)

正面入り口上部
 パオロ・ウッチェッロ「24時間時計文字盤」(1443年)

1478年4月26日、復活祭のミサ中に、フィレンツェの貴族パッティ家のメンバーが、メディチ家当主ロレンツォ豪華王を狙ったクーデターを起こし、ロレンツォの弟ジュリアーノが殺害されるという事件が、この大聖堂の中で起こります。ロレンツォは、左側翼廊の聖具室に閉じこもり、殺害を逃れます。

43.773247, 11.255574

ラ・カーサ・ミーアでは下記のサービスのお手配も行っています。

 深夜の到着でも安心で楽々、フィレンツェ空港から市内のホテルまでの正規ドライバーによる安心送迎(2名様まで片道45ユーロ、3名様以上7名様まで片道60ユーロ)
 キャンティやオルチャ渓谷へのフィレンツェ発ワンデイトリップ
 日本語でフォロー。フィレンツェの中心部にあるキッチン付きの滞在型アパートメントのご紹介

お気軽に、 info.lacasamia@gmail.com までご相談下さい。
最新のフィレンツェ現地情報は、 firenzelacasamia で毎日発信しています。フォローをされると、フィレンツェからの新情報が届きます。

ラ・カーサ・ミーア 奥村千穂

ラ・カーサ・ミーア 奥村千穂

投稿者の記事一覧

旅の気分を盛り上げる、出発前に知っておくと便利な現地情報、ありきたりのホテルでは味わえない滞在型アパートの楽しみ方、 フィレンツェ、ローマ、ヴェネツィアの隠れ家的プチホテル、B&B情報、 田舎でのんびりするトスカーナのアグリツーリズモ情報などを発信しています。

関連記事

  1. フィレンツェのアパート、コンティのキッチン3 フィレンツェのアパート、コンティ・スイート
  2. フィレンツェのアパート ジャルディーノ・トレ
  3. フィレンツェのB&B オルティ
  4. イタリアでの列車の乗り方
  5. フィレンツェのアパート ミネルヴァ
  6. 気軽に入るフィレンツェの食堂
  7. フィレンツェのアパート、コンチェ フィレンツェのアパート コンチェ
  8. ワイン好きのフィレンツェの楽しみ方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

chihoのフィレンツェ便り

  1. フィレンツェのお食事処
  2. フィレンツェのバルディーニ庭園
  3. フィレンツェのアルノ河

季節のオススメ特集

フィレンツェのアパート滞在 特集:やってみよう!1ヶ月間フィレンツェでアパート滞在

春は新しい目標を立てるのにふさわしいシーズン。すぐに予定はなくても、将来こんな事に挑戦してみたい…

フィレンツェ滞在型アパート

  1. フィレンツェのアパート,チェルキのリビング

フィレンツェB&Bとプチホテル

  1. フィレンツェのB&Bサンレミージョ

ヴェネツィアB&Bとプチホテル

  1. オルソーニ

ローマB&Bとプチホテル

  1. ローマのベッド・アンド・ブレックファースト、クオディリベット
  2. パーパビスタ

自然に触れる編

  1. フィレンツェ発ワンデイトリップ グレーベインキャンティの回廊
  2. フィレンツェ発小さな村を訪れるワンデイトリップ

イタリアで学ぶ

  1. フィレンツェのアグリツーリズモ、ラヴァッキオ
  2. フィレンツェのアグリツーリズモ、ラヴァッキオ

旅の準備編

  1. フィレンツェの大聖堂
  2. フィレンツェ、クーポラからの眺め
旅の気分を盛り上げる、出発前に知っておくと便利な現地情報、ありきたりのホテルでは味わえない滞在型アパートの楽しみ方、フィレンツェ、ローマ、ヴェネツィアの隠れ家的プチホテル、B&B情報、田舎でのんびりするトスカーナのアグリツーリズモ情報などを発信しています。

ホテル検索

Booking.com

フィレンツェの田舎生活便り2

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園など。

Facebook

Twitter

フィレンツェのB&Bサンレミージョ
  1. フィレンツェのお食事処
  2. フィレンツェのバルディーニ庭園
  3. フィレンツェのアルノ河
  4. フィレンツェのアパート,チェルキのリビング
PAGE TOP