フィレンツェ

フィレンツェのお土産には何を買おう?マーブル紙編

中央市場の周辺等でも安く売られているフィレンツェ名物のマーブル紙のステーショナリー。でも本物のマーブル紙は1枚ずつ手で作られ、とっても手が込んでいます。

フィレンツェ名物マーブル紙の老舗、Il Papiro イル・パピロ

VIA DE’ GUICCIARDINI 47, FIRENZE

DSC08652
大理石の様な美しい模様が入った紙のことを、carta marmorizzata(カルタ・マルモリッツァータ)と呼びます。昔、1500年代にパリとフィレンツェで流行ったこの工芸品の職人技は、フィレンツェではその後500年間続き、今も完全に手作業で行っている工房があります。
フィレンツェの郊外にあるイル・パピロの工房もその一つ。
DSC08643
一日に1人の職人さんが60枚しか作れない、貴重な伝統工芸品です。
DSC08651
特殊な海藻を煮だして溶かした水を張った水槽に、様々な色のインクをたらして、櫛を水平に動かしたり上下に動かしたりしながら数回通すことにより、表面にこのような美しい模様が出来ます
DSC08653
更にその上に紙を静かに置いて行きます。私も実際に試してみたのですが、コレがなかなか難しい!空気が入ってしまうとそこが白く残ってしまうので、まさに職人技。
DSC08657
出来上がり♩
彼は、お父さんと一緒にパピーロの工房でこのマーブル紙を専門に作っています。こうして次の世代に伝統工芸の職人技が引き継がれている事もまた、フィレンツェの街の魅力の一つだと思います。

DSC08639
こちらは一番人気のブルー。
イル・パピロでは、これらマーブル紙で作った手帳やしおり、ブックカバーやステーショナリーを販売しています。勿論、単品で紙だけの購入も可能です。
DSC08642
こんな色合いや・・・

DSC08649
こんな色合いもあって、見ていて楽しいです。
イル・パピロは、フィレンツェの街の中に何軒か店舗がアリ、ドゥオーモの後ろ側、メディチリッカルディ宮殿の先、ピッティ宮殿の近くにあります。ピッティ宮殿の近くのお店では、デモンストレーションを見る事も出来ます。
これらのマーブル紙を使ったブックカバーやカード、ステーショナリーなどを買う事が出来ます。大切な方へのフィレンツェのお土産が見つかりますよ♩

VIA DE' GUICCIARDINI 47, FIRENZE

ラ・カーサ・ミーア 奥村千穂

ラ・カーサ・ミーア 奥村千穂

投稿者の記事一覧

旅の気分を盛り上げる、出発前に知っておくと便利な現地情報、ありきたりのホテルでは味わえない滞在型アパートの楽しみ方、 フィレンツェ、ローマ、ヴェネツィアの隠れ家的プチホテル、B&B情報、 田舎でのんびりするトスカーナのアグリツーリズモ情報などを発信しています。

関連記事

  1. フィレンツェのアグリツーリズモ、ラヴァッキオ 葡萄畑とオリーブ畑に囲まれて過ごす至福の農園、ラヴァッキオ
  2. フィレンツェのレストラン、イル・マガッジーノ フィレンツェのお勧めレストラン3
  3. 気軽に入るフィレンツェの食堂
  4. フィレンツェ見所案内 サンタクローチェ聖堂2
  5. フィレンツェのリストランテ ゼブ フィレンツェのお勧めレストラン情報1
  6. フィレンツェで美味しいコーヒーが飲めるバール
  7. フィレンツェ現地情報サイト、ラ・カーサ・ミーア フィレンツェでタクシーに乗る方法
  8. 4月のフィレンツェ 夏時間って何?4月のフィレンツェより

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

chihoのフィレンツェ便り

季節のオススメ特集

特集:春はフィレンツェを飛び出してワンデイトリップ出かけよう

3月半ばからは晴れる日が多くなり、イタリアらしい青空が広がります。こんな季節は街を飛び出して一日、…

フィレンツェ滞在型アパート

  1. ポンテヴェッキオビュー

フィレンツェB&Bとプチホテル

  1. フィレンツェのB&Bサンレミージョ

ヴェネツィアB&Bとプチホテル

  1. オルソーニ

ローマB&Bとプチホテル

  1. パーパビスタ

自然に触れる編

イタリアで学ぶ

旅の準備編

旅の気分を盛り上げる、出発前に知っておくと便利な現地情報、ありきたりのホテルでは味わえない滞在型アパートの楽しみ方、フィレンツェ、ローマ、ヴェネツィアの隠れ家的プチホテル、B&B情報、田舎でのんびりするトスカーナのアグリツーリズモ情報などを発信しています。

ホテル検索

Booking.com

フィレンツェの田舎生活便り2

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園など。

Facebook

Twitter

  1. ポンテヴェッキオビュー
PAGE TOP