アイコン
出発前に要チェック!
旅行情報収集に便利なサイト
Click for Florence, Italy Forecast
当サイトの記事、画像の無断転載はお断りします。転載をご希望の方はメールにてご連絡下さい。

このサイトの情報が皆さんのイタリア旅行のお役に立ちましたら、旅行記ブログやお持ちのサイトに 「フィレンツェ情報ラ・カーサ・ミーア」としてこのトップページのリンクを貼っていただければ嬉しいです

サイト名(テキストリンクでお願いします):
フィレンツェ情報サイト「ラ・カーサ・ミーア」

http://www.lacasamia.jp/

以下は紹介文の1例です。スペースにあわせて変更していただいて結構です。

「イタリア、フィレンツェで短期滞在型アパート情報や滞在情報を発信しています。」

イタリアから日本に小包を送る

このコンテンツでは、フィレンツェでの生活に関する情報を取り上げています。長期短期に関わらず、観光目的でフィレンツェのでアパート滞在をされる方、フィレンツェに留学予定の方、イタリア駐在予定の方の為に、役立つ情報を発信しています

旅行中、荷物が増えてしまって、途中でイタリアから日本へ荷物を送りたいと思った事はありませんか?
最近、かなり厳しい航空会社の重量制限。留学中に要らない荷物を日本に送ったり、旅行中に増えたお土産や本などかさばるものは郵便局から郵送で送ると良いでしょう。

フィレンツェでは中央郵便局がレプッブリカ広場の近くに、新郵便局がサンタクローチェ広場の北側、VIA VERDIとVIA DEL CORSOがぶつかる所にあります。

イタリアから、時間がかかっても良いので安く送りたい場合は(大体平日10日〜25日間ほど)pacco ordinario internazionaleVia superficieを利用します。

PACCO ORDINARIO(パッコ・オルディナーリオ)とは?

送ってから数日で早く日本に着くpacco cerereと呼ばれる小包と違い、パッコ・オルディナーリオはやや時間がかかりますが、料金はかなり安めです。但し、パッコ・オルディナーリオの中にも、VIA AEREA(ヴィア・アエーレア=航空便)とVIA SUPERFICIE(ヴィア・スーペルフィーチェ=陸送便または船便)とあり、航空便は高いので、急ぎでなければ船便にすると良いでしょう。

どんな箱で送ったらよい?

昔は、船便の場合、箱に特別な金具をつける必要があったのですが、現在は、ガムテープで口をしっかりと閉じた段ボール箱(袋では送れません)であれば送ることが出来ます。
大きさの規定は、長さ1メートル以内、長さ+幅まわりの合計が1.5メートル以内でなくてはいけません。
1個当たりの重量は、最大20キロまでです。

箱は通常、スーパーなどで商品を並べている店員さんが持っていればただで分けてもらえますし、手近に見つからないようであれば↑このような、組み立て式の箱が郵便局で売られています(大きい郵便局では中に文房具屋があり、そこで売られています)。
ガムテープ(nastro adesivo ナストロ・アデズィーヴォ)はスーパーや、郵便局内の文房具屋さん、または一般の文房具屋さんで売られています。箱はしっかりとガムテープで補強しておきましょう。箱の上面や側面にも、送り先を記入します。その場合、左上が送り主、中央が送り先です。

郵便局では?

@まずは、郵便局で箱に付ける伝票(lettera della vettura)PACCO ORDINARIO用を探します。伝票立てになければ、窓口でもらいます。一番上の写真の伝票は、PACCO CERERE用。これと似ている伝票でPACCO ORDINARIO INTERNAZIONALE を探します。

A伝票に記入します。
下の訳を参照してください。全てローマ字で記入します。内容物は英語で書くと良いでしょう。

B番号札を取ります。
大概、郵便局では、番号札を取って待つシステムが導入されているので、入り口近くにあるチケットの機械で「pacco」または「spedizione」と書かれたボタンを押し、電光掲示板に自分の順番(アルファベッド+番号)と窓口の番号が表示されるのを待ちます。

以下は伝票の記入欄です。どの伝票も大体同じ配置になっていると思いますが、左上、左下、右の順で書いてみました。

MITTENTE(左側)
Mittente=送り主の氏名
Indirizzo=送り主の住所 (泊まっているホテルの住所など)
Tel/Fax=電話やファックス番号
Citta' =街の名前 フィレンツェであればFIRENZE
Prov,=県名 フィレンツェであればFI
CAP=郵便番号 フィレンツェであれば50123

DICHIARAZIONI PER DOGANA E SICUREZZA
Descrizione del contenuto=内容物(英語でもok) 例えばbooks, wear, shoesなど 個数も記入します。

N certificati e fatture allegate インボイスの枚数。個人物の場合は空欄
Valore dichiarato ai fini doganali 商品の値段(余り高く書くと課税されます)
Paese d'origine delle merce 商品の原産国
Peso netto 重量 空欄でok
Peso lordo 重量 空欄でok

Firma del Mittente =送り主の署名(2箇所あります)

DESTINATARIO
Destinatario= 受取人の氏名
Indirizzo=送り先の住所(日本)番地から
Tel/ Fax=電話やファックス
Localita'=市の名前またはTOKYOなど
Stato o Provincia=県名
Nazione=国名 JAPAN
Codice Postale=郵便番号

Costo, spedizione, assicurazione, costo totale=空欄
In caso di mancata consegna =受け取りが拒否された場合
Rinviare al mittente a mie spese =送り主負担で送り元に返送する
Abbandonare la spedizione =破棄する。

また、窓口で同様の内容を記入する通関用の紙をもらい、それにも記入します。